ヘボコン2019(技術力の低い人限定ロボコン)に、金にモノを言わせたロボットで出場した話

 

「ロボットを作って戦わせたい」

これは全人類共通の想いだ。

ただし精巧なバトルロボットを作れるのは、工学分野に精通した一部の上級国民のみ。ボクのような物理の成績が「2」のやつには、バトルロボット制作などとうてい無理な夢なのだ。

 

しかし。そんな無理を叶えられる場が、この世には存在してしまう。その名を『ヘボコン』という。

 

■ヘボコンとは?

ヘボコン

ヘボコンとは、技術力の低い人のためのロボット相撲大会です。まともに動かない、できの悪いロボットばかりが集まり、おぼつかない足取りでなんとか戦います。(ヘボコン公式サイトより引用)

 

技術力の低い人ばかりが集まって、自作のロボットを戦わせ合う狂気のイベント『ヘボコン』。

実は世界25ヶ国以上で開催されている、グローバルに愛されたイベントなのだ。大丈夫かなこの世界。

 

2019年7月21日、このヘボコンの2019年大会である『ヘボコン2019』が開催され、ボクはそこに自作ロボットとともに参戦した。

この記事ではボクの(ヘボい)ロボット制作の様子と、当日の白熱した(ヘボい)戦いの様子をレポートしていく。

 

(筆者の過去のヘボコン参加録はこちら: ヘボコン世界大会2016(一回戦敗退) / ヘボコンDPZエキスポ大会2016(最ヘボ賞) / ヘボコン2018(準優勝)

ヘボいロボットの材料を集める

 

秋葉原

▲秋葉原駅

ロボットを作るには、何はともあれ材料が必要である。

「電気街に行けばロボットの材料くらい売ってるやろ」という安直な考えのもと、まずは電気の聖地・秋葉原にやってきた。

なお最初に申し上げておくが、この段階でロボットの設計図はおろか、構想も大してできていない。こちとら工学部出身の上級国民とはワケが違うのだ。ロボット制作は全てが手探りで進んでいく。

 

【ヘボコンあるある1】

最初に設計図を作らない。

 

千石電商

▲電気街の裏通りにあるパーツ・ツール専門店『千石電商

ちなみに今回は、友人の†黒神†氏と一緒にロボットを作るのだが、彼は「電気街の裏通りに電気パーツがいっぱい売ってるスポットがあるらしい」という極秘情報をインターネットで入手していた。持つべきはちゃんとインターネットで調べてくれる友である。

 

謎のパーツ

▲使い方の分からないパーツがたくさん並んでいる

しかしボクは工学系の知識をほとんど持ち合わせていないため(†黒神†氏はちょっとだけ分かる)、どのパーツが何の役に立つのかさっぱりであった。ロボット制作に役立つ部品があっても、それを役立てられる知識がなければ無用の長物なのだ。

結局この裏通りでは「電池を入れると光るヒモ」だけ買って退散。

 

ミニ四駆

▲懐かしのミニ四駆。ちゃんと組み立てられるか心配である

その後、大手電気屋やホームセンターなどに行き、ロボットに使えそうな材料を購入していく。

今回のメイン動力はTAMIYA製のミニ四駆にした。パッケージに「EMPEROR(エンペラー:皇帝)」って書いてあるし、ぜったいつよい。

 

【ヘボコンあるある2】

ヘボコンでは、ミニ四駆をはじめとしたTAMIYA製ガジェットがロボットの材料に使われがち。

 

ヘボいロボットを作る

 

▲ロボットの設計図

材料が揃ったところで、ロボットの制作に取り掛かりたいと思う。

今回、材料の買い出しを進める中でなんとなく想定したロボットは上図のような感じ。なお筆者は物理だけでなく、美術の成績も「2」のため画力は皆無である。

 

材料たち

▲材料をおっぴろげた図

まずは材料を机にぶちまけてる。

なお、上の写真の中で最後まで使わないものもいくつか存在する。事前に何も想定せずに材料の買い出しを進めたため、このような自体が発生してしまった。

 

【ヘボコンあるある3】

材料を極端に多め、または極端に少なめに買ってしまう。

 

ミニ四駆組み立て中

▲相方の†黒神†氏がミニ四駆を組み立てる

当初はボクが購入したミニ四駆を組み立てる予定だったのだが、普通にてこずってしまったため†黒神†氏に全てを任せた。

†黒神†氏は工学系高校の出身らしく、テキパキと組み立てを進める。ボクは彼の勇姿を写真に収める係に専念することとした。

 

ワニ口クリップ

▲ワニ口クリップコードを電気回路に装着

ミニ四駆の電気回路に、小学校の理科の実験でよく使われるワニ口クリップコードを装着してみた。

なんとなく自作ロボット感が出てきたであろう。なお、せっかくワニ口クリップコードを使ったにもかかわらず、接着はビニールテープである。小学生も鼻で笑う力技だ。

 

【ヘボコンあるある4】

パーツの接着に「セロテープ」「ガムテープ」「ビニールテープ」を使いがち。ヘボコン界では ”三種の神器” とたとえられている(嘘)。

 

課金をしないと動かないロボ(水着ガチャver.)

▲課金をしないと動かないロボ(5周年記念水着ガチャver.)

で、なんやかんやあって出来上がったのがこちら。『廃課金ロボ』である。

ソシャゲのガチャをモチーフに、現代社会の闇を風刺したロボットだ。

イルミネーションがあしらわれた贅沢仕様である。なんとなくロボットレストラン感が出た気がしなくもない。

 

【ヘボコンあるある5】

ロボットの設定に凝りがち。

【ヘボコンあるある6】

ロボットを光らせがち。

 

ペコ●ーヌ

▲巨乳(Hカップ)の水着の女の子

まず正面にドドーンと構えるのが、水着のかわいい女の子。

こちらは筆者が描いたのだが、先ほども申し上げたとおり美術の成績が「2」のため、絶妙な画力での仕上がりとなっている。

なお、胸だけはこだわって描いた模様。

 

水着ガチャ

▲「限定! 水着ガチャ 1回500石」

胸の下には「水着ガチャ」の文字。1回500石(500円)でガチャを回せる仕様となっている。

ガチャの説明は後述する。

 

ヘボコン5周年

▲「おかげさまで ヘボコン5周年 限定ガチャ登場!!」

ロボットの右腕には「ヘボコン5周年」の文字が。

実は2019年で、ヘボコンは5周年を迎える。運営に媚を売りつつ、勝手に限定ガチャをリリースしたい所存である。

 

ガチャ石

▲ガチャ石

ロボットの左腕にはガチャに必要な石が装備されている。

ソシャゲのガチャ石はその多くが水色または虹色なのだが、虹色に塗るのは大変なので今回は水色を採用した。

 

【ヘボコンあるある7】

妥協と割り切りが大切。

 

500円玉投入スロット

▲課金スロット

後部には今回のロボットの肝、「課金スロット」が装着されている。

 

機構説明

▲とてもわかりやすい説明図

ここから500円玉(ガチャ1回分)を投入し、500円玉が鉄板の間を通過している間のみ電気回路が通電し、ミニ四駆のモーターが稼働。ロボットが前に進む仕組みがとられている。

 

課金ロボGIF

▲実際に500円玉を投入した際の挙動。なお、100円以下の硬貨では前に進まない(マジで)

なお500円で進む距離は約1〜2cmである。たまにスカって走らないこともある。

しっかり前進させるには、継続的な課金が必要となるだろう。ロボット操縦者の課金力が試される仕様といえる。

ちなみに2%の確率でSR(ヴェルヴァイス・トラッシュ:相手に火炎属性の特大ダメージを防御無視で与える)、0.2%の確率でSSR(ガイア・イルシュタイン・ガノス:相手のフィールドを大地属性に変更した上で大海属性の超大ダメージをプレイヤーに直接与える)が当たるとのこと。くわえて100連ガチャで確定PSR(水着の精霊-ゼクル・ア・フォトミア-:自分のHPを全回復した上で相手を誘惑状態にし混乱させる)となる親切仕様である。水着ガチャ、出すまで回せば怖くな……

 

【ヘボコンあるある8】

ロボットの設定に凝りすぎてだんだんワケが分からなくなってくる。

 

ガチャ課金用

▲ガチャ課金用の500円玉。大きめの銀行にある専用機で両替できる

今回の課金システムのために、500円玉を20枚(1万円分)用意した。後日、†黒神†も同じく同額分の500円玉を用意してくれたため、あわせて40枚(2万円分)での戦いとなる。

2万円でSRガチャを引き当てられるかが、勝敗を決するだろう。

 

>>次ページ、ヘボコン本戦<<

 

Profile

じきるう
じきるう編集長
CRAZY STUDY編集長。元々は大学院で真面目に研究者をしていたが、今ではムダなコンテンツを生成しながら河原で草を食んでいる。厨二病。
個人ブログ『じきるう曜日

関連記事