あたらしいジャンルの被写体「ポンさん」は、なぜ撮られるのか

 

こんにちは、わかりおです。 

ある日、わたしは写真好きの友だちと、原宿で開催されたデザインフェスタギャラリーを訪れました。

 

デザインフェスタギャラリーとは、新進気鋭の芸術家が自身の作品をいろいろなコンセプトで展示しているギャラリーです。

モダンな世界に足を踏み入れた私ですが、その中で開催されていた『ポンさん展』に足を踏み入れたとたん、衝撃のあまり言葉を失いました。

『ポンさん展』の室内には、さまざまなポーズをとったひとりの男性の写真が、一面にはり巡らされていたのです。

 

▲撮影:こぎろーさん

急な腹痛でおトイレに行きたくなり、その後すっきりとして開放感を得た男性の様子。(作品名:おトイレさん「自由と開放」)

 

▲撮影:にしめさん

スーツ着用の渋い写真もあります。頭のサングラスが気になる。

 

う、うさぎ……!? 

ギャラリーの室内はこの男性だらけ。絶対に今夜、夢に出てきます。

そしてこの男性の名前が、展覧会のタイトルにもなっている「ポンさん」その人でした。

わたしがわけもわからず足を踏み入れた『ポンさん展』は、このポンさんをモデルに撮影したカメラマンさんたちの写真の展覧会だったようです。

 

このポンさんは、いったい何者なの? どういう経緯でモデルになったの?

今回はポンさんに直接、取材してみました。

 

Profile

わかりお
わかりお取材が大好物
取材が大好物のミーハーライター。

新ジャンルのモデル、ポンさん

 

▲ポンさん

わかりお早速ですがポンさん、あなたは何者ですか?

ポンさんわたしは「ポンさん」という新しいジャンルのモデルです

わかりお新しいジャンルのモデルですか……『ポンさん展』が開催されたくらいなので、きっとアイドルのような存在なのでしょうね。
ポンさんはどうしてモデルになろうと思ったのですか? 

ポンさんもともとはカメラマン専門だったんですよ。わたしの趣味はメイドカフェ通いなんですけど、よくメイドカフェ店員の撮影会などにも足を運んで写真を撮っていました。
8年前のある日、撮るだけじゃつまらないかなと思い、知り合いのカメラマンとお互いをモデルにして写真の撮り合いをしたんです。そのとき、撮られる楽しさに目覚めて……

わかりおなるほど、もともとはちょっとした遊びから始まったんですね

ポンさん本格的にモデルとして活動を開始したのは2016年頃ですね

 

▲撮影:ユウジさん 

わかりおキラキラ系男子! さっきの「紙袋持って飛び上がっている写真」からは想像できない雰囲気ですね 

ポンさん他にもこんな写真がありますよ

 

ポンさんこれを撮影していたときは、酔っ払いに「結婚式の二次会でうさ耳を使いたいから貸して!」と絡まれて大変でしたねえ

わかりおいや、酔っ払いの方もうさ耳つけている成人男性によく絡めたな!

ポンさんまあ断りましたけどね。
酔っ払いといえば、お酒を飲んでる時に「今から撮るか!」という話になり、そのまま新宿や渋谷で3時間くらい撮影会が始まったこともあります。あれは盛り上がりましたねぇ

わかりおポンさんとカメラマンさんも酔っ払いじゃないですか

ポンさんそうですね。酔った時はテンションが上がるので

わかりおなぜ皆さんはポンさんを撮っているのですか?

ポンさんカメラマンの皆さんは女の子のモデルを撮ることには慣れているのですが、他にはない独自性を感じてわたしを撮ってくれるみたいです

 わかりお確かにモデルというと、かわいい女の子のイメージがありますよね。
ポンさんはモデルとして撮られることについてどう思われていますか?

 ポンさんとても楽しいですよ! 撮られることに抵抗もないし、自分の写真が残るのは嬉しいですね。
わかりおさんが来場した『ポンさん展』では、多数のカメラマンが撮ってくれたわたしの写真を集めて展示しました。『ポンさん展』に展示された写真を撮影する際は、私も手足の毛を剃って撮影に臨みました

 わかりお室内がポンさんだらけでしたね

 ポンさんええ。わたしはカメラマンとしても活動しているので、撮る側の気持ちもわかるんですよね。だから撮る側が求めていることを察して、いろいろなポーズをとります。わたしのポーズはカメラマンの方からも好評です

 

ここで一旦CMです


アイドルの代役としてナース服姿に

 

わかりおあの……こちらの写真では、カメラマンさんはポンさんに何を求めたのですか?

ポンさんああ、これは一言でいうなら ””アイドルの代役”” です

わかりおアイドルの代役!?

ポンさん知人がアイドルグループのプロデュースをやっていまして。あるとき、アイドルたちの活動をプロモーションするために、PV撮影をしようとしたそうなんです。
ところが撮影当日、なぜかアイドルたちが誰も来ませんでした。
プロデューサーはなんとかアイドルたちを撮影に来させなければ……と考え、思いついたのが ””わたしたちのPVを撮ること”” でした。わたしたちはナース服を着用し、撮影され、アイドルソングに合わせたPVが配信されました。
それを見て驚いたアイドルたちがPV撮影に来るかと思ったのですが……結局はまだ撮れていないそうです(笑) 

わかりお写真はそのときのものですか? 

ポンさん当時のことを背景に『ポンさん展』用に撮り直しました

 

職質されたことある?

 

わかりおポンさんは街中で写真を撮られているというのも耳にしたのですが、ぶっちゃけこれまで職質とかされませんでしたか?

ポンさん職質はないですね。紙袋を持って秋葉原のホコ天をジャンプする撮影をしたとき(冒頭の写真)はさすがに警官に凝視されましたが、カメラマンの方が最初に「こんにちは」と挨拶し、撮影が終わったらすぐにその場を離れていたので、職質はされませんでした

わかりおモデルになっている写真からは現代の写真芸術へのなぐりこみのような意識を感じますが、撮影時は礼儀正しいのですね。

 ポンさんうまいこと言いますね。さすがに警官になぐりこみはしませんが

 

キャラの濃すぎるポンさんのトレードマーク

 

わかりおところで、ポンさんは写真の中でよくサングラスをかけていますね

 ポンさんええ。撮影がない日も、プライベートではいつもかけています

 わかりお撮影がない日も……!?

 ポンさんたくさん持っていますよ

 

▲撮影:にしめさん

わかりおこんなに種類があるんですか! ポンさんのこだわりが感じられます。

 ポンさんサングラス以外にもこだわりがあります。例えば私はレディース服で撮影することが多いですね。わたしの衣装用インスタもあります

 わかりおレディース服に衣装用インスタ!? ポ、ポンさんはいったい今後はどのようなポジションを目指しているんですか?

ポンさん撮りたいと思ってくれる人が増えたらいいなと感じています。
ちなみに「ポンさん展2をやって欲しい!」という声もあるんですが、参加者が前の倍くらいになってしまうことが予想されているので、今のところは予定していません

わかりおすでに売れっ子じゃないですか……今後はどんなところでモデルポンさんが観られるんですか?

 ポンさん直近では、7月16~21日に『プラスポートレート展』が渋谷で開催されます。素顔は出ていないのですが、サングラスをかけている写真があるので、どこにわたしがいるか探してもらえたら嬉しいです。
今年度、これからまた予定が増えてくると思います。

 

ここで一旦CMです


まとめ

 

「おなかが痛くてトイレに行きたい」という気持ちのはじけた、冒頭のおトイレさん写真から、キラキラとした格好いい写真まで、モデルとして多様な活躍を遂げるポンさん。

時代は変化するものですが、「ポンさん」というジャンルはそんなことをものともせず、これからも注目を浴び続けていくのではないだろうかと感じました。

 

取材終了後、ポンさんはわたしにサングラスを貸してくれました。

これこれ!!! このサングラス!!!!

ポンさん展で見たときから、ずっとかけたいと思っていたものです。ミーハー心もしっかりと満たしてくれるポンさん。

 

「ヤー!!!」という掛け声で2人ともこのポーズが出たのもうれしい収穫でした。(たぶん同年代です)

 今後のご活躍も期待しています!

 

▲撮影:春日恭介さん 

右がポンさん。左はポンさんのライバルでもあるこぎろーさんです。

こうやってお酒を飲みながら、新たなアイデアが生まれていくのでしょう。

 

ポンさん:Twitter

 

<追記 2019/10/29>

2019年11月5日〜10日に、ポンさん主催の写真展『キミと東横。』展 Finalが渋谷LE DECOで開催されます。

よろしければ立ち寄ってみてください!

 

(執筆:わかりお 編集:じきるう

 

おなじ食べものを両手で持つとあたまがわるそう

2019.06.05

第1回 なりきれ!支えたくなるヒモ写真選手権!

2019.04.06

ヒーローの変身アイテムに適した野菜は何だ!? 野菜10種 徹底比較

2018.10.20

Profile

わかりお
わかりお取材が大好物
取材が大好物のミーハーライター。

関連記事