殿堂入り記事

殿堂入り記事とは

殿堂入り記事とは、PVが爆増し「週間アクセスランキング」の上位を1ヶ月以上にわたり独占するようになった記事です。

あんまりアクセスランキングを占領しすぎると、他の良記事がなかなか上位に上がれなくなってしまいます。
そのため当該記事をアクセスランキングから除外し、殿堂入り記事としてここに掲載することとしました。

 

殿堂入り記事

ライター:じきる

「創価学会」という超ビックワードで検索3位(2018/05/13)まで上り詰めた記事。

創価学会本家サイト→Wiki→この記事である。マジかよ。

インタビュー協力してくれた創価学会会員のS君まじでありがとう!

 

ライター:じきる

「音読」というビックワードで検索1位(2018/06/02)を獲得。

その後「音読」での検索順位は落ちたものの、「音読 効果」「音読 メリット」などで継続して検索1位(2018/07/18)を獲得。

音読を200日やったという説得力はデカイのかな?

 

ライター:じきる

「ブックカバー 本屋」で検索1位(2018/05/21)を獲得。

その他、多種多様なワードでちょこちょこ検索流入があり、結果としてランキング上位を占領することに。

スルメ記事。

 

ライター:少年B

記事公開以降、TwitterやFacebookで瞬く間に拡散された少年Bさんの記事。

公開から時間が経った今でも継続的に拡散され続けているため、殿堂入りに。

弊メディア初のバズった記事。

 

ライター:ざわ

「Oculus Go」という話題性の高いビックワードで検索14位(2018/07/15)を獲得。

その他、「Oculus Go」関連ワードの多くで検索上位入りし、安定してPVを稼ぐ。

エロ系の検索ワードが多いのはたぶん気のせい。

 

ライター:佐藤花太郎

「こっそり堂」で検索1位(2018/08/28)を獲得。

全然こっそりしてない花太郎くんの記事が見事殿堂入りに。

 

ライター:じきる

「ノマドワーカー」を中心に、ノマド関連のキーワードで検索上位を数々獲得。

こんなふざけた記事が検索上位に上がってしまってすまぬ……。

 

ライター:moto

「お金が落ちている場所」「お金 拾う方法」「お金 拾いたい」など、数々のこじき的なワードで検索上位を獲得。

”こじきライター”を体現する記事となり、殿堂入りに。

 

ライター:ざわ

「ギロチン VR」という物騒なワードで検索1位(2018/11/18)を獲得。

このワードで検索ボリュームがあるという事実に、すこしだけ日本の将来が心配になった。